MENU

軽自動車は車種別保険料率を選択しなくて良い

 

軽自動車と普通車を比べる時に様々な点で軽自動車の方がかかってくる費用が少ないためにお得であるという判断が下されます。

 

車両の値段はいうまでもなく、自動車税も重量税も軽自動車の方が安いのです。
では、保険料に関しては金額はどれほど違ってくるものなのでしょうか。

 

保険料について

 

そもそも保険料は年齢と共にその金額が変わってくるというところに大きな特徴があります。

 

これは、免許を取ってすぐの若者の方が運転に慣れていないので、事故を起こす確率が高いためにこのような金額設定になっているのです。
また、普通車では車種ごとに事故を起こすデータというものが取られていて、それに基づいて保険料が決まっていますので、車種ごとでも金額に違いが生じてきます。
軽自動車にはこの概念がありません。

 

そして、この保険料そのものは軽自動車と普通車ではあまり変わりがないとされています。

 

もちろん、入っている内容であったり各社の差というものは存在しますが、保険自体は普通車も軽も大きな違いはないのです。
しかし、車両保険に加入するかどうかでその金額は大きく違ってきます。

 

車両保険は、自動車本体に何か傷や凹みができたときに保険を使って直すことのできる保障のことです。

 

これが普通車と軽自動車の車両本体価格の違いということで、価値の違いを生み出していますので、金額が大きく変わってくる要因となっているのです。

 

軽自動車と普通車の車両価格が同じ程度であるならば、その保険料にも大きな違いは出なくて同じような金額となるはずです。

 

ガス欠での故障は保険になるのか?

 

ガス欠が原因で、例えばエンジンを痛めた場合は保険が適用になるのか?
正直微妙です。

 

もし、気になる方がいらっしゃいましたら、以下のサイトか、加入中の保険会社に問い合わせしてみてください。

 

ガス欠になったらどうする?

更新履歴