MENU

自動車購入時の必要書類※新車、中古車、軽自動車別に解説

 

自動車購入時の必要書類は、新車、中古車、軽自動車と若干異なっており、分類するとそれぞれ下記の様になります。

 

@普通車で新車を購入し所有者名義人が自分の場合は、実印、印鑑証明書、名義人がディーラーの場合は住民票も可能。車庫証明書、委任状、税申告書などがあります。但し、車庫証明書をはじめとする殆どの書類はディーラーが準備するので実際に自分で用意する書類は少なくなります。

 

A普通車で中古車を購入する場合は、実印、印鑑証明書、車庫証明書、車検証、自賠責保証書、委任状が必要になります。こちらも新車同様で、車検証や自賠責保険証、委任状は中古販売店が準備してくれる場合が殆どになります。

 

B軽自動車を購入する場合は、印鑑証明書や実印は必要ありませんが、住民票を取得する必要があります。もちろん軽自動車になるので車庫証明も必要としません。必要書類としては、住民票の他に車検証と印鑑が必要で三文判でも構いませんが、自治体により認めていない所もあります。

 

 

補足として、印鑑証明書は交付から3ヶ月以内のもので、
車庫証明書などは販売店に代行で約15000円程で取得してもらう事が可能です。

 

仮に自分で車庫証明を取得するのであれば、警察署の窓口で発行手続きを行う必要があります。

 

また、印鑑証明書の交付を受けるには、運転免許証やパスポートなどの身分証明書が必要です。以上の様に自動車購入時に必要書類としてもっとも簡単なのは軽自動車になります。