MENU

軽自動車の廃棄の仕方

 

軽自動車を廃棄しようとする場合はその仕方が決められています。

 

解体してスクラップにする場合、手続きとしては解体返納の手続きを行わなければなりません。

 

その方法はまず、使用していた軽自動車を引き取り業者に引き渡し、引き渡しが完了したことを証明する、引き取り業者が発行する使用済自動車引取証明書を受領します。

 

ここにはリサイクル券番号(移動報告番号)が交付されます。さらに準備するものとして、使用者の印鑑、また使用者と所有者が異なる場合には所有者の印鑑も必要です。

 

また、廃棄する車のナンバープレート、さらに自動車検査証、また当該軽自動車に課税される軽自動車税申告書も準備します。

 

この申告書は管轄する軽自動車検査協会の事務所や支所、あるいは分室で入手することができます。

 

これらの書類などをもって、その軽自動車を管轄していた地域の協会事務所や支所に行きます。近くの事務所や支所は軽自動車検査協会のホームページなどから探すことができます。

 

そこで解体届出書を記入し必要な書類などと合わせて一緒に提出し、廃棄の手続きが終了します。

 

また、廃棄の際に車検残存期間が1か月以上ある場合、その期間に相当する自動車重量税分が還付されることになります。

 

還付の際には振込口座の番号のほか、マイナンバーが必要となるため個人番号カードや、
通知カードが必要で、通知カードの場合は身元確認のため運転免許なども必要となります。

 

また代理人が申請するときにも申請依頼書や申請者のマイナンバーを証明するものと代理人の身元確認のための運転免許などが必要です。